サポート コミュニティ:
一般法人向け Office 365

最新の投稿

    SharePoint にプロジェクトを保存する方法、再度開く方法 - パート 1

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise , Office 365 Business , Office 365 Education (この記事は 2015 年 1 月 6 日に Office Blogs に投稿された記事 Saving Projects to SharePoint–and opening them again! Part 1 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) *** 2015 年 1 月 13 日更新 - ブログ記事の再編集を行うことはあまりないのですが、今回の記事は特にわかりにくかったため (読者の方からコメントを頂きました。ご指摘ありがとうございます!)、セクション タイトルとキャプションを追加しました。その他の部分には手を加えていません。*** 「SharePoint にプロジェクトを保存する」―この言葉はシンプルなようで、実は多くの意味が含まれています。ですから、本題に入る前に、このブログ シリーズの方向性についてお伝えしておこうと思います。この話題を取り上げるにあたっては、あらゆるシナリオを網羅したいのですが、変化する要素 (ブラウザー、クライアント、バージョン、ドキュメント ライブラリ、SharePoint のタスク リスト、オンプレミスのサーバーであるかクラウドであるか、Project Server であるか、Project Online であるかなど) が非常に多いため、すべてを扱うことはできません。これについては、コメント欄で活発にご意見を交換していただければ幸いです。この記事では、一般的に発生している問題と、考えられる回避策やベスト プラクティスをご紹介します。説明する動作の中には、不具合と思われるようなものや、Word や Excel などの他の Office アプリケーションとは異なるもの、「そう動作するように設計されている」と説明するほかないものも存在します。そのような説明は聞いたことがない方もいらっしゃるかと思いますが、これは、製品の機能がお客様の期待するものと違う場合によく使用される言い回しです。また、設計時の配慮が不足していた場合や、予算や期間が限られていたために目指していた機能が完成しなかった場合、開発者がまったく意図していなかった方法で使用された場合などにも...

    メールボックスの新しい復元方法

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise , Office 365 Business , Office 365 Education (この記事は 2015 年 1 月 13 日に Office Blogs に投稿された記事 A better way to recover...

    Office Delve にボードを導入 — 新しい方法でドキュメントの整理と共有が可能に

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise , Office 365 Business , Office 365 Education (この記事は 2015 年 1 月 7 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing boards...

    PowerShell を使ってサービス毎にアクティブ ユーザー数を見てみよう

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise , Office 365 Business , Office 365 Education 今回は、昨年 10 月に新しく追加されたライセンスと利用率を表示するための PowerShell コマンドレットをご紹介します...
最近のディスカッション
フォーラムへご回答いただける皆さまへ
いつもフォーラムをご利用頂き誠にありがとうございます。 ご質問に回答をされる際、また、ご質問に対する回答を頂いた際には次の点にご注意いただくことで...
Office365 関連イベントのお知らせ
Office365 関連イベントのご案内 =============================...
【ガイドライン】 フォーラム投稿前にお読みください
Office 365 をご利用いただき誠にありがとうございます。  Office 365 フォーラムは...
「インプレースの電子情報開示と保持」の使い方について
そういったことはないと思います。 こちらの環境では、問題なくプレビューが表示されてます。 サービスリクエストをあげられたほうがいいと思いますよ...
クラウドサポートをご利用いただく際の留意点
いつも Office 365 をご利用いただきありがとうございます。 Office 365 サポートをご利用頂いているみなさまへご案内を申し上げます...