タグごとに表示

関連する投稿
  • ブログの投稿: Office 365 向け Office 2013 クイック実行の新機能「今すぐ更新」、および関連するコマンドラインとスイッチについて

    対象: 新Office 365 Office 365 Enterprise , Office 365 Midsize Business , Office 365 Small Business (この記事は 2014 年 3 月 3 日に Office Deployment Support team blog に投稿された記事 The new Update Now feature for Office 2013 Click-to-Run for Office365 and its associated command-line and switches の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください...
  • ブログの投稿: 【重要】 Office 2013 Service Pack 1 が公開されました

    対象: 旧Office 365 Office 365 for Enterprise , Office 365 for Small Business , Office 365 for Education 新Office 365 Office 365 Enterprise , Office 365 Small Business , Office 365 Midsize Business Office ブログの記事「 Office 2013 Service Pack 1 が公開されました 」および「 Office 2013 および SharePoint 2013 向けの Service...
  • ブログの投稿: Office 2013 クイック実行の更新の管理

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise (この記事は 2014 年 2 月 3 日に Office Deployment Support Team Blog に掲載された記事 の翻訳です) Office Pro Plus のクイック実行バージョンは、MSI ベースの同製品のものとは挙動が異なります。ソフトウェアの更新に Microsoft Update などのツールおよびそれに対応する MSP ファイルが含まれないほか、Windows Server Update Services (WSUS) などの管理ツールや、WSUS を制御するための...
  • ブログの投稿: 新しい Exchange Server 展開アシスタントをリリース

    対象: 旧Office 365 Office 365 for Enterprise , Office 365 for Education 新Office365 Office 365 Enterprise , Office 365 Midsize Business (この記事は 2013 年 10 月 4 日に Office 365 Community Blog に投稿された記事 の翻訳です) このたびマイクロソフトは、展開アシスタントを統合し、新たにリリースしました。 Exchange Server 展開アシスタント では、Exchange 2013...
  • ブログの投稿: 【重要】 Office 2010 Service Pack 2 がリリースされました

    対象: 旧Office 365 Office 365 for Enterprise , Office 365 for Small Business , Office 365 for Education 新Office 365 Office 365 Enterprise , Office 365 Small Business , Office 365 Midsize Business Office 2010 Service Pack 2 が日本時間 7 月 21 日に公開されました。Office 365 との接続に Office 2010 をご利用のお客様は、 サービスパック サポートポリシー...
  • ブログの投稿: Exchange 2010 SP3 および Office 365 用の Exchange Server 2010 展開アシスタントが新しくなりました

    対象: 旧Office 365 Office 365 for Enterprise , Office 365 for Education 新Office365 Office 365 Enterprise (このブログは The Exchange Team Blogに 2013 年 3 月 7 日に投稿された記事 の翻訳記事です。) Exchange Server 2010 展開アシスタント (ExDeploy) に、Exchange Server 2010 Service Pack 3 (SP3) 組織と Office 365 最新リリースとのハイブリッド展開をサポートするための更新が追加されたことをお知らせします...
  • ブログの投稿: Exchange Server 2013 展開アシスタントの提供が開始されました

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise Exchange Server 2013 展開アシスタントの提供を http://technet.microsoft.com/ja-jp/exdeploy2013 で開始したことをお知らせします。Exchange 展開アシスタントは Web ベースのツールで、新しい Exchange 2013 インストールの構成、Exchange Server 2013 を使用したハイブリッド展開の構成、既存の社内 Exchange 組織の Office 365 への完全な移行などに対応しています。 つまり、これを使用すれば社内組織に...
  • ブログの投稿: Office 365 ProPlus: カスタマー プレビュー (4128) クライアントからリリース (4454 or 4481) クライアントへのアップグレード、更にアップグレード前のテナントからリリースクライアントとOffice for Mac 2011 の展開

    対象: 旧Office 365 Office 365 for Enterprise , Office 365 for Small Business , Office 365 for Education (この記事は Office 製品マーケティング ブログ に 2013 年 4 月 3 日に投稿された記事 の転載です) この投稿では、 Office 365 クライアント アプリに関してよく寄せられる質問をご紹介します。ビデオ で新しい Office をわかりやすく解説したブログ www.microsoft.com/garage も合わせてご覧ください。この投稿では、 Office...
  • ブログの投稿: Office 365 ProPlus: クイック実行でエラーが出る場合の対処方法

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise , Office 365 Small Business , Office 365 Midsize Business クイック実行で Office をインストールするときに、ネットワークが途中で切れたり、途中で PC をシャットダウンしてしまったり、など様々な理由でエラーになり終了してしまう場合、クイック実行を再度起動しても同様にエラーが出てしまう場合があります。 このような時には、専用のツール (Fix It) を使って PC の環境をクリーンアップする必要があります。ツールのダウンロード先や使い方の詳しい手順については...
  • ブログの投稿: サービスに関する通知: 【重要】Exchange ハイブリッド環境に Exchange Server 2010 SP3 を適用してください

    対象: 旧Office 365 Office 365 for Enterprise , Office 365 for Education 新Office 365 Office 365 Enterprise , Office 365 Education 以前、「 サービスに関する通知: 【重要】2013 年 4 月までにハイブリッド展開で使用している Exchange Server 2010 を更新してください 」でお知らせしたように、今月までに Exchange Server 2010 SP2 CU4 を適用する必要がありましたが、これは新しい Office 365 との共存環境においてエンドユーザーが空き時間情報共有などの機能を正常に利用し続けるために必要です...
  • ブログの投稿: サービスに関する通知: 【重要】サービスパック サポート ポリシー切れにご注意ください

    対象: 旧Office 365 Office 365 for Enterprise , Office 365 for Small Business , Office 365 for Education 新Office365 Office 365 Enterprise , Office 365 Small Business , Office 365 Midsize Business , Office 365 Education Office 365 をご利用になる際には、ご利用の環境が ソフトウェア要件 を満たすように計画していただく必要があります。クラウドサービスのソフトウェア要件は将来に渡って不変なものではなく...
  • ブログの投稿: AD FS 2.0 構築自習書の第 2 版と AD FS 2.0 ロールアップ 2 等がリリースされました

    対象: Office 365 for Enterprise AD FS 自習書第 2 版登場 今年の 1 月に「 Office 365 環境で AD FS を構築してシングルサインオンを実現する 」で紹介した自習書が、 AD FS 2.0 ロールアップ 1 更新プログラム の新機能である、マルチドメイン対応やアクセス制御の内容を取り込みアップデートされ、第 2 版として公開されました。この自習書は、必要な設定についてステップバイステップで解説がなされ、Office 365 側や AD FS 側で何をどのような手順で設定すればよいのかをドキュメント上で確認することが可能です。新しい自習書の目次については...
  • ブログの投稿: Office 365 の IP アドレス範囲について近々行われる予定のアップデート

    対象: Office 365 for Professional and Small Business , Office 365 for Enterprise お客様によっては、インターネットのトラフィックをフィルター処理しなければならないことがあります。このようなフィルター処理は、ドメイン レベルまたは IP アドレス レベルで行うことができます。マイクロソフトでは、特定の IP アドレスのサブネットへのルーティングではなく、*.Outlook.com、*.MicrosoftOnline.com、および *.SharePoint.com などのルート ドメイン名へのルーティングを有効にすることをお勧めします...
  • ブログの投稿: Exchange Server 展開アシスタントが更新され Exchange 2007 と Office 365 のハイブリッド展開をサポートしました

    対象: Office 365 for Enterprise 3 月のブログ記事「 Exchange Server 展開アシスタントが更新され Exchange 2010 SP2 と Office 365 のハイブリッド展開をサポートしました 」で Exchange 2003 シナリオのサポートについてお知らせしましたが、このたび Exchange Server 展開アシスタント が Exchange Server 2010 SP2 と Exchange Server 2010 内部設置組織とのハイブリッド展開を構成するサポートがなされたことをお知らせします。 新しく追加されたシナリオは...
  • ブログの投稿: Exchange Server 展開アシスタントが更新され Exchange 2010 SP2 と Office 365 のハイブリッド展開をサポートしました

    対象: Office 365 for Enterprise   Exchange Server 2010 展開アシスタント が拡張され、Exchange 2010 SP2 と ハイブリッド構成ウィザード を使ってハイブリッド展開を構成するサポートがなされたことをお知らせします。 訳者注: そして今回より扉ページは日本語化されました。 ハイブリッド構成ウィザードを使ったハイブリッド展開の構成についていくつかのシナリオが追加された最初のものは、Microsoft Office 365 for Enterprise を使って一部のユーザーを内部設置として、一部のユーザーをクラウドにホスティングしたい...
  • ブログの投稿: ハイブリッド展開: エッジ トランスポート サーバーを構成する

    対象ユーザー: Exchange/ Office 365 for Enterprise の管理者 作成者: Robert Mazzoli、上級テクニカル ライター、Exchange あなたが自社運用 Exchange Server 2010 SP1 とExchange Online とのハイブリッド展開が構成されている組織の管理者で、ハイブリッド展開においてエッジ トランスポート サーバーを構成するための方法を探している、あるいは、エッジ トランスポート サーバーを導入する価値があるか確かめるために、追加のハイブリッド展開の構成情報を探している場合、このブログ投稿をご覧ください...
  • ブログの投稿: デスクトップ セットアップ ツールが更新されました

    対象: Office 365 for Professional and Small Business , Office 365 for Enterprise Office 365 デスクトップ セットアップ ツールが更新されたことをお知らせします。この更新により、Office 2007 SP3 インストール後に発生していたセットアップ失敗の不具合が解消されました。 いままでは、以下の図のように Office 2007 SP3 の環境でデスクトップ セットアップ ツールを実行すると、Office 2007 SP3 更新プログラムの項目で以下のようなエラーが表示されていました...
  • ブログの投稿: Office 365 展開準備ツールの正式版がリリースされました

    対象: Office 365 for Enterprise 2 月頭に「Office 365 展開準備ツール」の正式版がリリースされました。Office 365 展開準備ツールは、Office 365 for Enterprise の展開のために貴社の内部設置環境の分析を行います。準備ツールは Microsoft Office 365 展開ガイド に記載されているガイダンスと統合されています。展開ガイドに記載されている事項を、貴社の組織内で実際に調査する際に役に立つツールです。 ツールをダウンロードするには、以下のページでシステム要件やライセ���ス条項を確認した後、ページの最下部から確認することができます...
  • ブログの投稿: Office 365 環境で AD FS を構築してシングルサインオンを実現する

    対象: Office 365 for Enterprise Microsoft Office 365 では、社内で利用している Active Directory の認証でクラウドの認証も行うように設定することができます。これを行うには、Active Directory のフェデレーション サービスを有効にできるように AD FS 2.0 サーバーや AD FS Proxy サーバー (社外からアクセスをしたい場合) などを設置し、クラウド側と連携させます。これにより、社内環境とクラウド環境のシングル サインオンを実現させることができます。 構築するシステムの概念図は以下のようになります...
  • ブログの投稿: Office 365 におけるドメインの管理

    対象: Office 365 for Professional and Small Business , Office 365 for Enterprise の管理者 Office 365 でのドメイン管理についていろいろなご質問をいただきます。集計によると一番多くご質問をいただいているのは以下の 3 つのエリアについてです。 Q: Web サイトをすでに他のサードパーティによるホスティングで持っていて独自ドメインをそこで使っていますが、Office 365 の電子メールでも同じ独自ドメイン名を使いたいです。Office 365 for Professional and...
  • ブログの投稿: 段階移行の後に Exchange 2007 のメールボックスをメールが有効なユーザーに変換する

    対象: Office 365 for Enterprise の管理者 作成者 : Mark Johnson 、上級テクニカル ライター、 Exchange Online 組織の Exchange 2007 自社運用メールボックスを Office 365 に移行するための、 Exchange の段階的な移行を完了した場合は、自社運用メールボックスをメールが有効なユーザーに変換できます。これにより、 Active Directory を使用して、自社運用組織から新しいクラウドベースのメールボックスを管理できるようになります。また、自社運用メールボックスをメールが有効なユーザーに変換すると...
  • ブログの投稿: 段階移行の後に Exchange 2003 のメールボックスをメールが有効なユーザーに変換する

    対象: Office 365 for Enterprise の管理者 作成者 : Lou Mandich 、上級プレミア サポート エンジニア、 Microsoft Services および Marc Nivens 、上級エスカレーション エンジニア、 Microsoft サポート 組織の Exchange 2003 自社運用メールボックスを Office 365 に移行するための、 Exchange の段階的な移行を完了した場合は、自社運用メールボックスをメールが有効なユーザーに変換できます。この操作を行う理由は、 Active Directory を使用して、自社運用組織から新しいクラウドベースのメールボックスを管理できるようにするためです...
  • ブログの投稿: Office 365 と Exchange におけるフェデレーション

    対象: Office 365 for Enterprise 作成者 : Robert Mazzoli 、 Exchange 上級テクニカル ライター お客様は、 Office 365 のクラウドベースの電子メールへの移行や、既存の Exchange 組織と Office 365 のハイブリッド展開の構成をご検討中のことと思います。 お客様は、以下の情報を探していますか?、 計画において " フェデレーション " という用語を何度も目にしているが、その正確な意味については少し混乱していますか。 Office 365 と Exchange...
  • ブログの投稿: Exchange のハイブリッド構成に関するヒント: クラウドベースのメールボックスの自社運用組織への移動

    対象: Office 365 for Enterprise の管理者 作成者 : David Strome 、上級テクニカル ライター - Exchange クラウドベースのメールボックスの自社運用組織への移動は、多くの Exchange 管理者にとって重要な受信者管理作業であり、ハイブリッド展開の重要な機能です。自社運用組織からクラウドベース組織にメールボックスを移動する際にはリモート移動要求の新規作成ウィザードを使用しますが、クラウドベース組織から自社運用組織にメールボックスを移動する際には、いくつかの追加の構成手順が必要になります。 マイクロソフトでは...
  • ブログの投稿: ハイブリッド構成ウィザードのご紹介

    対象: Office 365 for Enterprise Office 365 for Enterprise のベータ版の実施中に、お客様から Exchange を Office 365 とハイブリッド展開するときの構成のプロセスを単純化したいというご要望をいただきました。我々は、Exchange 2010 Service Pack 2 で「 ハイブリッド構成ウィザード 」を導入して、いただいたフィードバックにお応えして展開プロセスを軽減することにしました。 ハイブリッド構成ウィザードとは? ハイブリッド構成ウィザードは以下の要素から構成されています。 新しい...