タグごとに表示

関連する投稿
  • Blog Post: KMS のライセンス認証に関する問題について Ospp.vbs スクリプトの出力を改善

    対象: Office 2013 (この記事は 2014 年 9 月 9 日に Office Deployment Support Team Blog に投稿された記事 Improved output from the Ospp.vbs script available for KMS activation issues の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 数週間前、Ospp.vbs スクリプトの大幅な機能強化を含む更新プログラムがリリースされました。 2883036: Office 2013 KMS ライセンス認証コンポーネントの更新プログラム (2014...
  • Blog Post: Office 365 の新規導入時の特典を発表

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise (この記事は 2014 年 9 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing Office 365 deployment benefits for new customers の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Office 365 は、従業員による共同作業、ビジネスに関する有用な情報の入手、ひいてはお客様の業務全体をご支援するための新しい手段を企業のお客様に提供し、クラウド上で最高の生産性を実現します。このサービスはクラウド ベースであるため、お客様には従来のオンプレミスのソリューションよりも短時間で...
  • Blog Post: 【重要】 Office 2013 Service Pack 1 が公開されました

    対象: 旧Office 365 Office 365 for Enterprise , Office 365 for Small Business , Office 365 for Education 新Office 365 Office 365 Enterprise , Office 365 Small Business , Office 365 Midsize Business Office ブログの記事「 Office 2013 Service Pack 1 が公開されました 」および「 Office 2013 および SharePoint 2013 向けの Service...
  • Blog Post: サービスに関する通知: 【重要】Exchange ハイブリッド環境に Exchange Server 2010 SP3 を適用してください

    対象: 旧Office 365 Office 365 for Enterprise , Office 365 for Education 新Office 365 Office 365 Enterprise , Office 365 Education 以前、「 サービスに関する通知: 【重要】2013 年 4 月までにハイブリッド展開で使用している Exchange Server 2010 を更新してください 」でお知らせしたように、今月までに Exchange Server 2010 SP2 CU4 を適用する必要がありましたが、これは新しい Office 365 との共存環境においてエンドユーザーが空き時間情報共有などの機能を正常に利用し続けるために必要です...
  • Blog Post: ハイブリッド構成ウィザードのご紹介

    対象: Office 365 for Enterprise Office 365 for Enterprise のベータ版の実施中に、お客様から Exchange を Office 365 とハイブリッド展開するときの構成のプロセスを単純化したいというご要望をいただきました。我々は、Exchange 2010 Service Pack 2 で「 ハイブリッド構成ウィザード 」を導入して、いただいたフィードバックにお応えして展開プロセスを軽減することにしました。 ハイブリッド構成ウィザードとは? ハイブリッド構成ウィザードは以下の要素から構成されています。 新しい...
  • Blog Post: 既存のディレクトリと Office 365 を簡単に同期

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise , Office 365 Midsize Business (この記事は 2014 年 4 月 15 日に Office Blog に投稿された記事 Synchronizing your directory with Office 365 is easy の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 365 チームで ID 管理を担当するテクニカル プロダクト マネージャー Paul Andrew の記事をご紹介します。 Office 365 を使い��めたばかりのお客様の中には...
  • Blog Post: 新しい Exchange Server 展開アシスタントをリリース

    対象: 旧Office 365 Office 365 for Enterprise , Office 365 for Education 新Office365 Office 365 Enterprise , Office 365 Midsize Business (この記事は 2013 年 10 月 4 日に Office 365 Community Blog に投稿された記事 の翻訳です) このたびマイクロソフトは、展開アシスタントを統合し、新たにリリースしました。 Exchange Server 展開アシスタント では、Exchange 2013...
  • Blog Post: Office 365 ProPlus: カスタマー プレビュー (4128) クライアントからリリース (4454 or 4481) クライアントへのアップグレード、更にアップグレード前のテナントからリリースクライアントとOffice for Mac 2011 の展開

    対象: 旧Office 365 Office 365 for Enterprise , Office 365 for Small Business , Office 365 for Education (この記事は Office 製品マーケティング ブログ に 2013 年 4 月 3 日に投稿された記事 の転載です) この投稿では、 Office 365 クライアント アプリに関してよく寄せられる質問をご紹介します。ビデオ で新しい Office をわかりやすく解説したブログ www.microsoft.com/garage も合わせてご覧ください。この投稿では、 Office...
  • Blog Post: Office 2013 クイック実行の更新の管理

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise (この記事は 2014 年 2 月 3 日に Office Deployment Support Team Blog に掲載された記事 の翻訳です) Office Pro Plus のクイック実行バージョンは、MSI ベースの同製品のものとは挙動が異なります。ソフトウェアの更新に Microsoft Update などのツールおよびそれに対応する MSP ファイルが含まれないほか、Windows Server Update Services (WSUS) などの管理ツールや、WSUS を制御するための...
  • Blog Post: デスクトップ セットアップ ツールが更新されました

    対象: Office 365 for Professional and Small Business , Office 365 for Enterprise Office 365 デスクトップ セットアップ ツールが更新されたことをお知らせします。この更新により、Office 2007 SP3 インストール後に発生していたセットアップ失敗の不具合が解消されました。 いままでは、以下の図のように Office 2007 SP3 の環境でデスクトップ セットアップ ツールを実行すると、Office 2007 SP3 更新プログラムの項目で以下のようなエラーが表示されていました...
  • Blog Post: Office 365 と Exchange におけるフェデレーション

    対象: Office 365 for Enterprise 作成者 : Robert Mazzoli 、 Exchange 上級テクニカル ライター お客様は、 Office 365 のクラウドベースの電子メールへの移行や、既存の Exchange 組織と Office 365 のハイブリッド展開の構成をご検討中のことと思います。 お客様は、以下の情報を探していますか?、 計画において " フェデレーション " という用語を何度も目にしているが、その正確な意味については少し混乱していますか。 Office 365 と Exchange...
  • Blog Post: Exchange Server 展開アシスタントが更新され Exchange 2010 SP2 と Office 365 のハイブリッド展開をサポートしました

    対象: Office 365 for Enterprise   Exchange Server 2010 展開アシスタント が拡張され、Exchange 2010 SP2 と ハイブリッド構成ウィザード を使ってハイブリッド展開を構成するサポートがなされたことをお知らせします。 訳者注: そして今回より扉ページは日本語化されました。 ハイブリッド構成ウィザードを使ったハイブリッド展開の構成についていくつかのシナリオが追加された最初のものは、Microsoft Office 365 for Enterprise を使って一部のユーザーを内部設置として、一部のユーザーをクラウドにホスティングしたい...
  • Blog Post: 【重要】 Office 2010 Service Pack 2 がリリースされました

    対象: 旧Office 365 Office 365 for Enterprise , Office 365 for Small Business , Office 365 for Education 新Office 365 Office 365 Enterprise , Office 365 Small Business , Office 365 Midsize Business Office 2010 Service Pack 2 が日本時間 7 月 21 日に公開されました。Office 365 との接続に Office 2010 をご利用のお客様は、 サービスパック サポートポリシー...
  • Blog Post: Exchange Server 展開アシスタントに "Cloud Only" (クラウドのみ) シナリオが登場

    対象: Office 365 for Enterprise 本日は、The Exchange Team Blog の翻訳記事から、Exchange Server 展開アシスタントに新しく加わった Office 365 向けの機能についてご紹介します。 http://blogs.technet.com/b/exchange_jp/archive/2011/11/22/exchange-server-quot-cloud-only-quot.aspx 原文の記事の投稿日: 2011 年 8 月 29 日 (月曜日) 多くの企業にとって...
  • Blog Post: Office 365 の IP アドレス範囲について近々行われる予定のアップデート

    対象: Office 365 for Professional and Small Business , Office 365 for Enterprise お客様によっては、インターネットのトラフィックをフィルター処理しなければならないことがあります。このようなフィルター処理は、ドメイン レベルまたは IP アドレス レベルで行うことができます。マイクロソフトでは、特定の IP アドレスのサブネットへのルーティングではなく、*.Outlook.com、*.MicrosoftOnline.com、���よび *.SharePoint.com などのルート ドメイン名へのルーティングを有効にすることをお勧めします...
  • Blog Post: Office 365 向け Office 2013 クイック実行の新機能「今すぐ更新」、および関連するコマンドラインとスイッチについて

    対象: 新Office 365 Office 365 Enterprise , Office 365 Midsize Business , Office 365 Small Business (この記事は 2014 年 3 月 3 日に Office Deployment Support team blog に投稿された記事 The new Update Now feature for Office 2013 Click-to-Run for Office365 and its associated command-line and switches の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください...
  • Blog Post: Office 365 と連携する AD FS を仮想環境内で構築する (自習書あり)

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise , Office 365 Midsize Business シングル サインオン (以下、SSO) をセットアップして有効にすると、組織のユーザーは会社の資格情報を使って Office 365 サービスにアクセスできるようになります。 これにより、複数のログオン ID およびパスワードを管理する負担が軽減されます。 SSO を使わない場合は、Office 365 ユーザーはユーザー名およびパスワードを個別に管理する必要があります。 ユーザーにとってのメリットだけでなく、管理者と組織にとっても非常に大きなメリットになります...
  • Blog Post: Office 365 におけるユニファイド メッセージング (UM): クラウド上のボイスメール

    対象: Office 365 for Enterprise はじめに Microsoft Exchange Online は、Office 365 の重要なコンポーネントのうちの 1 つです。 Exchange ユニファイド メッセージング (UM) は、以下のような機能を提供する、Exchange Online の機能です。 受信トレイのボイスメール Outlook 2007/2010 または Outlook Web App にて、インラインで再生。 ボイスメールのプレビュー (英語) により、 7 言語で音声をテキスト化 (日本語は未対応...
  • Blog Post: Project Lite を使用した総合的なプロジェクト管理: 時間管理や共同作業をビジネスの成長につなげる

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise (この記事は 2014 年 5 月 1 日に Office Blogs に投稿された記事 Connecting the dots with Project Lite: From time tracking and collaboration to business growth の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Microsoft Project Online と Project Server のプロダクト マネージャーをしていると、大勢のお客様とお話しする機会があります...
  • Blog Post: ハイブリッド展開: エッジ トランスポート サーバーを構成する

    対象ユーザー: Exchange/ Office 365 for Enterprise の管理者 作成者: Robert Mazzoli、上級テクニカル ライター、Exchange あなたが自社運用 Exchange Server 2010 SP1 とExchange Online とのハイブリッド展開が構成されている組織の管理者で、ハイブリッド展開においてエッジ トランスポート サーバーを構成するための方法を探している、あるいは、エッジ トランスポート サーバーを導入する価値があるか確かめるために、追加のハイブリッド展開の構成情報を探している場合、このブログ投稿をご覧ください...
  • Blog Post: Office 365 環境で AD FS を構築してシングルサインオンを実現する

    対象: Office 365 for Enterprise Microsoft Office 365 では、社内で利用している Active Directory の認証でクラウドの認証も行うように設定することができます。これを行うには、Active Directory のフェデレーション サービスを有効にできるように AD FS 2.0 サーバーや AD FS Proxy サーバー (社外からアクセスをしたい場合) などを設置し、クラウド側と連携させます。これにより、社内環境とクラウド環境のシングル サインオンを実現させることができます。 構築するシステムの概念図は以下のようになります...
  • Blog Post: Exchange Server 2013 展開アシスタントの提供が開始されました

    対象: 新Office365 Office 365 Enterprise Exchange Server 2013 展開アシスタントの提供を http://technet.microsoft.com/ja-jp/exdeploy2013 で開始したことをお知らせします。Exchange 展開アシスタントは Web ベースのツールで、新しい Exchange 2013 インストールの構成、Exchange Server 2013 を使用したハイブリッド展開の構成、既存の社内 Exchange 組織の Office 365 への完全な移行などに対応しています。 つまり、これを使用すれば社内組織に...
  • Blog Post: 段階移行の後に Exchange 2003 のメールボックスをメールが有効なユーザーに変換する

    対象: Office 365 for Enterprise の管理者 作成者 : Lou Mandich 、上級プレミア サポート エンジニア、 Microsoft Services および Marc Nivens 、上級エスカレーション エンジニア、 Microsoft サポート 組織の Exchange 2003 自社運用メールボックスを Office 365 に移行するための、 Exchange の段階的な移行を完了した場合は、自社運用メールボックスをメールが有効なユーザーに変換できます。この操作を行う理由は、 Active Directory を使用して、自社運用組織から新しいクラウドベースのメールボックスを管理できるようにするためです...
  • Blog Post: Exchange Server 展開アシスタントが更新され Exchange 2007 と Office 365 のハイブリッド展開をサポートしました

    対象: Office 365 for Enterprise 3 月のブログ記事「 Exchange Server 展開アシスタントが更新され Exchange 2010 SP2 と Office 365 のハイブリッド展開をサポートしました 」で Exchange 2003 シナリオのサポートについてお知らせしましたが、このたび Exchange Server 展開アシスタント が Exchange Server 2010 SP2 と Exchange Server 2010 内部設置組織とのハイブリッド展開を構成するサポートがなされたことをお知らせします。 新しく追加されたシナリオは...
  • Blog Post: Office 365 展開準備ツールの正式版がリリースされました

    対象: Office 365 for Enterprise 2 月頭に「Office 365 展開準備ツール」の正式版がリリースされました。Office 365 展開準備ツールは、Office 365 for Enterprise の展開のために貴社の内部設置環境の分析を行います。準備ツールは Microsoft Office 365 展開ガイド に記載されているガイダンスと統合されています。展開ガイドに記載されている事項を、貴社の組織内で実際に調査する際に役に立つツールです。 ツールをダウンロードするには、以下のページでシステム要件やライセンス条項を確認した後、ページの最下部から確認することができます...