対象: ,

 

作業を行っていると「やってしまった!」と思う瞬間がよくあります。そして、生じた問題によって生産性が著しく損なわれることがあります。Office 365 は IT 管理者が最もよくやる「ポカ」であるうっかりユーザー削除を簡単に復元できる方法を新しく提供します。

 

ユーザーが退職したり、派遣社員がプロジェクトを完了して契約を終了するなど、ユーザーが Microsoft Office 365 ユーザーアカウントをもう使わなくなったとき、管理者はそのユーザーを削除することになります。しかし、ユーザーを削除してから約 30 日間はそのアカウントを復元させることができます。この機能により管理者は「削除済みユーザー」の一覧を見ることができるようになります。

 

 

削除済みユーザーの復元により、さまざまなよくあるシナリオをカバーできるようにな��ます。

  • ユーザーアカウントをうっかり削除してしまった
  • 派遣社員の再採用

この機能により、作業の生産性が著しく改善するでしょう。

 

Microsoft Office 365 for Enterprise のユーザーを削除または復元する方法については、 「ユーザーを削除または復元する」をご覧ください。

Microsoft Office 365 for Professional and Small Business のユーザーを削除または復元する方法については、 「ユーザーを削除または復元する」をご覧ください。

元の記事 (英語、一部改変)