ユーザーアクセスを至急禁止したいときは?

Office 365 コミュニティ ブログ

|
ユーザーアクセスを至急禁止したいときは?

対象: Office 365 for Enterprise

 

管理者はユーザーの管理を行う必要があります。時には、ユーザーの新規作成、名字の変更、ライセンスの付与など他愛もないこともあれば、時には急を要するような事態も起こります。たとえば、人間が可能な限り早急に Office 365 からユーザーを削除してユーザーのアクセスをブロックする、といったことです。

 

しかし、組織ではディレクトリ同期が有効になっている場合に、ユーザーを Office 365 から至急削除したい場合、ユーザーの削除には数時間かかります。なんでこんなに長くかかるのでしょう?それは、まず内部設置のディレクトリでユーザーを削除して、それをクラウドに同期する必要があるからです。

 

それでは、いますぐ何ができるでしょう?実は、Microsoft Office 365 には、ユーザーのアクセスをすぐにブロックするためにすぐできる解決策があります。

  1. Office 365 の管理者ページに移動します。
  2. 左ナビゲーションの [管理] の下で [ユーザー] をクリックします。
  3. ブロックしたいユーザーの表示名をクリックします。
  4. そのユーザーのページで、ユーザー名の下の [設定] をクリックします。
  5. [サインイン状態の設定] で [禁止済み] を選択します。
  6. [保存] をクリックします。

これで終わりです。これでこのユーザーは Office 365 にアクセスできなくなりました。このユーザーはログイン、メールのチェック、チームサイトの読み書き、そのほかのアクセスをすることができなくなります。そのあと、このユーザーを Office 365 から削除すると、次のディレクトリ同期の実施時にこのユーザーはローカルの Active Directory からも削除されます。簡単ですね。

 

元の記事 (英語)

RSS
件のコメント
  • 最後の一文ですが、現在の仕様だとディレクトリ同期されたユーザに関してはMOP上からの削除はできないように思えますので、確認をお願いできませんでしょうか。(実装予定となっているソフトデリートのことを仰られてます?) また、デフォルトの設定だとそもそもオンプレミスADへの書き戻しは行われない形となっているかと思いますが…如何でしょうか。

  • 古い記事で大変恐縮ですが、現在の仕様においては、ディレクトリ同期のユーザーに対してサインイン状態の設定(許可済み or 禁止済み)の設定はグレーアウトして選択ができなくなっているようです。

    こちらの記事は訂正して頂くか、公開を控えて頂けるとユーザの混乱もなくなると思います。

1 ページ中 1 ページ目 (2 アイテム)
コメントが投稿されました。   閉じる
ありがとうございました。あなたのコメントにはモデレートが必要であるため、表示されるまでに少し時間がかかる場合があります。   閉じる
コメントの追加